一般口座と特定口座

ネット証券に口座を開設するときに、
プライバシーの入力と共に、
口座のタイプをどれにするかを決めなければなりません。

口座タイプには、以下の3つがあります。

・一般口座
・特定口座(源泉徴収無し)
・特定口座(源泉徴収あり)

こういう3つの中から一つを選ぶことになるのですが、
全く意味がわからないですよね?(笑)

こういう3つの違いは、主に株で儲けたときに払う、
税金の納付方法にあります。
(それ以外は全くおんなじとしてもらっていいです。)

ですので、それほど巨額を運用する予定がないのなら、
一番楽チンなのを選べばいいです。

 一般口座
年間(1月一年中から12月3一年中)の売買は、
基本的に全て自分で集計し、利益が出ている場合は、
自分で確申して納税やる、というタイプだ。
必ず確申しなければならないので、
サラリーマンや公務員の人などは、
株につきだけに確申をしなければならず、少し面倒です。

 特定口座(源泉徴収無し)
納税の手間を除くために作られたのが、
特定口座になります。
特定口座は年間の売買の集計は、
証券会社が行って、
口座開設者に年間取引レポートを送付して貰える。

確申はこういうレポートによって、
吊り上げるだけですので、面倒な計算などは一切不要になりますが、
確申はしなければなりません。

 特定口座(源泉徴収あり)
同じく特定口座なので、
面倒な計算は全て証券会社がやってくます。
さらに、源泉徴収ありなので、
利益が出た場合はあらかじめ、
天引きという形で税金が引かれるため、
確申の必要もありません。

サラリーマンや公務員にとっては、
株の利益も給料と同じ用に、
自動的に納税できるので、
一番手間がかからないタイプだ。

納税までしてもらっても、
手数料などはかからず、一切無料なので、
たいていの人にとっては、
こういう、特定口座(源泉徴収あり)が一番お得といえるでしょう。

ただ、サラリーマンの人は、
副業の年間利益(株も合わせて)が20万円以下の場合は、
基本的にその20万円は、課税されないことになっています。

この場合も、特定口座(源泉徴収あり)の場合は、
自動的に引き落とされるので、
20万円分の税金が損になります。

こういう税金を絶対払いたくない!に関しては、
特定口座(源泉徴収無し)に口座を開設し、
利益が20万円を超えた場合のみ確申すればよいでしょう。

一般口座もいいですが、計算を自分でしなくてはならないので、
特定口座(源泉徴収無し)の方がベターです。

素人がトレードで成功出来るテクニカル分析のやり方