投資をしている家族の確定申告

ご主人の扶養に入ってある奥様が、特定口座【源泉徴収無し】・一般口座で株の売買を通じて年間38万円超の利益を出すと、ご主人の扶養から遠ざかるため、ご主人側で「配偶者控除」が使えなくなります。
一方、特定口座【源泉徴収あり】を選択されますといった、奥様の株取引の税金は源泉徴収で完結するので、キャピタルゲインがいくらあってもご主人の扶養のままでいることができます。
しかし、株のキャピタルゲインが38万円超残る奥様が源泉徴収された税金を還付してもらおうと確申をしてしまうと、所得が38万円以下という「配偶者控除」の要件を充たさなくなるので、ご主人の扶養から逸れてしまい、ご主人の税金が掛かることとなります。
したがって、奥様自身の確申をするかどうかは、夫婦合算で税金がいくらになるのか十分検討した上で行うようにしてください。

バイナリーオプションとFXの違いとは